口呼吸と口臭 〜口臭治療、改善マニュアル〜

口呼吸をしていると口内が乾燥して唾液の分泌量が減ります。口内の唾液が減ると、細菌が増え、臭い成分も空気中に飛びやすくなるので口臭が発生してしまいます。


鼻呼吸か口呼吸かは習慣で決まります。 生まれたときはみんな同じです。欧米人も日本人も。 

 

ここで前回の疑問「なぜ欧米人に鼻呼吸が多いか?」


”おしゃぶり文化”です。欧米ではおしゃぶりが普及していて赤ちゃんの長い時期おしゃぶりを愛用しています。 口が閉じるので自然と鼻呼吸になる、鼻呼吸が習慣化するわけです。


口呼吸はいろいろな弊害をおこします。唾液が減り、口内細菌が増え歯周病、虫歯、口臭。 予防のために鼻呼吸に変えましょう。赤ちゃんがいる家庭ではおしゃぶりをおすすめします。


鼻呼吸を習慣づけることは容易ではありません。眠っているときはさすがに口呼吸がひょこっと現れてしまいます。


ですが起きている間だけでも鼻呼吸を意識すれば習慣になっていきます。 ガムをかむのも効果的です。 ぜひ試してみてください。 

応援クリックお願いします。
banner_21.gif


口臭撃退マニュアル

口臭なんでも百科事典


口臭治療・改善マニュアルTOPにもどる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。