なぜ唾液が大事なの?

 口臭の原因の根本、それは細菌(バクテリア)です。口内の細菌(バクテリア)の数が多い人は口臭も強くなるんです。

 人間の体には数多く、多種の細菌が住んでいます。正確には食べ物が通る消化管、皮膚などの体の外の世界に触れる臓器にいます。血管の中、肝臓などの実質臓器の中にはいません。いたら病的な状態です。

 
難しいことを話していましたが、ここで言いたいのは細菌(バクテリア)はみんな持っているもので、存在=害 ではないということを言いたかったんです。  細菌についてはまた今度詳しく話しますね。

  
 では口臭の改善、治療にはどうすればいいのか?

細菌を減らすことだと思った方も多いでしょう。

半分正解、半分間違いです。

正しくは細菌を増やさないことなんです。

この役割を負っているのが唾液なんです。唾液には殺菌作用があり、口内の細菌が増えないようにしています。

つまり唾液を増やすことで口臭は軽減できるわけですね。

 


応援クリックお願いします。
banner_21.gif


口臭撃退マニュアル

口臭なんでも百科事典

口臭治療・改善マニュアルTOPにもどる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。